保育・保活

スポット保育の内容や利用シーン。一時保育以外の子どもの預かり先とは

子どもを育てているなかで、急な用事ができたときやリフレッシュしたいなと感じたとき、子どもの預け先に悩む方もいるのではないでしょうか。子どもの一時的な預かり先のひとつに「スポット保育」がありますが、内容がわからず不安と感じている方もいるかもしれません。そこで今回は、スポット保育の内容や利用シーンに触れるとともに、他にどのような子どもの預け先があるのか紹介します。

スポット保育とは

スポット保育とは、普段保育園や幼稚園に通っていない子どもを、一時的に保育園で預かる制度のことです。保育園や地域によっては、「一時保育」や「一時預かり」と呼ばれることもあるようです。

 

スポット保育は、全ての保育園で対応しているわけではないため、利用を検討するときには、どこの保育園で実施しているのか調べ、利用方法を確認してみることが必要になってくるでしょう。一時保育に対応している保育園では、一時保育専属の保育士がいたり、一時保育専用の保育室が用意されていることもあるようです。子どもの様子に応じては、同年齢の子どもたちが過ごす環境に加わり、いっしょに制作をしたり食事をしたりと集団生活を経験できる場となっていることもあるようです。

 

利用するためには、自治体や利用する保育園などに、事前登録や事前予約が必要になってくる場合があるため、検討している場合には早めに詳細を確認しておくことが大切でしょう。

保育園のスポット保育の利用シーン

保育園のスポット保育は、どんなときに利用することができるのでしょうか。利用理由によっては、一度に申し込める日数や料金、利用できる保育所が異なる場合もあるようです。具体的にどのような理由で一時預かりを利用できるのか、保育の種類別に紹介します。

定期的な保育

定期的な保育とは、保護者の就労や親の介護が必要になったときなど、家庭での子どもの保育が困難になったときに利用することができます。こちらは「非定型的保育」と呼ばれることもあります。毎日利用することは難しいですが、他の理由に比べ利用できる日数が多いことが特徴のようです。

緊急保育

iStock.com/mustafagull

 

緊急保育とは、保護者の出産や病気、ケガによる入院、冠婚葬祭などで一時的に子どもの預け先が必要になったときに利用することができます。

リフレッシュ保育

リフレッシュ保育とは、保護者に用事があるときや子育てに疲れ少しリフレッシュしたいと感じたときなどに利用することができます。

スポット保育に似ているサービス

スポット保育は地域によっては、利用者が多く申し込みが難しい場合もあるようです。保育園のスポット保育に似ているサービスで、子どもの預け先にどのような場所があるか紹介します。

一時預かり用の託児所

一時預かり用の託児所は、主に商業施設や病院などに設置されており、一時的に子どもを預けたいときに利用することができる保育施設です。

 

託児所は、ママやパパのリフレッシュや急な用事を済ませたいときなど、子どもを見てもらいたいときに利用できることが特徴でしょう。料金設定や利用できる年齢、利用時間は託児所によって異なるようです。施設によっては、宿泊を伴う24時間保育に対応していたり、0歳の赤ちゃんからの保育を実施している場合もあります。

ファミリーサポート

iStock.com/Lordn

 

ファミリーサポートとは、自治体が主体となって運営している地域での子育てを助け合う活動です。地域で育児などの援助を受けたい依頼会員と、支援を行いたい提供会員で構成されており、ファミリーサポートセンターが仲介役となり相互援助を行います。

 

利用は、保護者の急な用事で子どもの預け先が必要になったときやリフレッシュしたいときなどに対応しています。支援を行いたい提供会員は、安全・事故対策も含めた援助活動に必要な講習を受けているようです。利用するためには、住んでいる自治体の会員登録が必要となり、利用前には依頼会員と提供会員で事前の打ちあわせも行われるようです。

 

利用できる年齢は、0歳から12歳までの子どもが利用できる場合が多いようですが、生後どのくらいから利用できるかはお住いの地域によって異なります。

 

出典:ファミリーサポートセンターのご案内/厚生労働省

ベビーシッター

ベビーシッターは、主に保護者が不在のときに自宅に来て子どものお世話をしてくれるサービスです。ベビーシッターと聞くと、赤ちゃんのお世話をするイメージが強いかもしれませんが、対象となる年齢は幅広く、0歳から12歳の子どもが対象のようです。最近では「ベビー&キッズシッター」と呼ばれることもあります。ベビーシッターは、子どもにとって安心した環境のなかでマンツーマンの保育となります。そのため、子どもの様子や性格に応じて保育内容を柔軟に対応することができ、丁寧な保育を可能にすることが特徴でしょう。ベビーシッター会社によって、サービスや料金内容はさまざまとなるため、家庭の要望に応じてベビーシッター会社を選んでみてもよいかもしれません。

 

出典:厚生労働省/ベビーシッターなどを利用するときの留意点

スポット保育を上手に活用しよう

ucchie79/Shutterstock.com

 

スポット保育の内容や利用シーンとともに、他に子どもの預け先にはどのような場所があるか紹介しました。急な用事やリフレッシュしたいなと感じたとき、近くに頼れる両親や義父母がいない場合悩みを抱えることがあるかもしれません。しかし、今回紹介したように、地域には子育て家庭をサポートするために預け先が複数あります。夫婦だけで抱え込むのではなく、スポット保育を上手に活用しながら子育てを楽しめるとよいかもしれませんね。

子どもの預け先に悩んだときには「キズナシッター」の活用

「スポット保育の利用ができない」「急きょ預け先が必要になった」というとき、子どもの預け先に悩むことがあるかもしれません。そのようなときには、保育のプロが子どもの対応をするベビーシッターサービス「キズナシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターでは、登録しているベビーシッターが保育士や幼稚園教諭など子どもに関わる資格を全員が所有しています。そのため、子どもについての専門知識をしっかり身につけ、経験豊富な方が多く登録しており、保育のプロならではの子どもへの丁寧な関わりや気持ちを尊重した対応は利用者に好評です。

 

キズナシッターでは、専用アプリから会員登録を行うことで、担当するベビーシッターの選択、シッティング依頼や料金の支払いまで一括に行うことができます。利用は、選択したベビーシッターとの事前面談を済ませていれば、ベビーシッターのスケジュールによっては前日での依頼にも対応することが可能です。

 

預け先を見つけたいと考えている方は、いざというときのために専用アプリを使い会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら