子育て

ワーキングマザーの通勤時間はどのくらいかかるか。住む場所の決め方や意識したこと

ワーキングマザーのなかには、他のママたちに通勤時間がどのくらいなのか聞いてみたい方もいるかもしれません。今回は、ワーキングマザーの通勤時間や住む場所を決めるときに通勤時間以外に意識したこと、通勤時間の関係で利用したサポートについてママの体験談を交えてお伝えします。

ワーキングマザーの通勤時間

iStock.com/bee32

 

仕事をしながら子育てするママたちに、通勤時間がどのくらいかかっているのか聞いてみました。

30分以内

「自宅から保育園と職場が近いので、通勤時間は30分くらいです。朝は元気に登園した子どもが万が一体調を崩したとでも、短時間でお迎えに行きやすいです」(30代/3歳児と5歳児のママ)

 

職場と保育園が自宅から近く、通勤時間が30分以内だというママがいるようです。通勤時間が車で30分以内のママのなかからは、昼休みに一旦自宅に戻って家事をすませることもあるという声もありました。

30分以上1時間未満

「通勤時間の平均は50分です。自宅から駅まで徒歩で10分、その後電車で20分移動し、保育園と会社の最寄り駅から徒歩5分の場所にある保育園へ送った後、さらに15分歩いて会社へ出社しています」(20代/1歳児のママ)

 

子どもといっしょに電車で通園や通勤するママがいました。電車やバスなどの公共機関を利用するママのなかからは、子どもといっしょに乗るときはできるだけ空いている時間帯に乗車するように心がけているという声も聞かれました。

1時間以上

「保育園に子どもを預ける時間を入れると、通勤時間は1時間15分くらいです。子どもを保育園へ送った後の移動時間は、考えをまとめたり読書をしたりする時間にしています」(40代/4歳児と8歳児のママ)

 

自宅と会社の距離が遠い場合、通勤に1時間以上かかることもあるそうです。バスや電車のなかではイヤホンを使って音楽や英文を聞いたり、運転中にラジオで情報収集をしたりと、長い通勤時間を有意義に過ごす工夫をしているというママの声もありました。

住む場所を決めるときに通勤時間以外に意識したこと

ワーキングマザーは、通勤時間以外にどのようなことを意識して住む場所を決めたのか聞いてみました。

実家との距離

「子どもの保育園の送迎を両親に引き受けてもらえることになり、実家の近くに引越ししました。急に子どもが熱を出しても預かってもらえるのでありがたいです」(30代/2歳児と4歳児のママ)

 

共働きをしていると、子育てのサポートをしてくれる実家の近くに住みたいと考える家庭も少なくないようです。ママのなかから、少しの間子どもを預かって欲しいときや、自分の体調不良のときでも両親になら頼りやすいという声も聞かれました。

利便性

iStock.com/krblokhin

 

「私は利便性を考えて住む場所を決めました。我が家は車をもっていないので、徒歩圏内にスーパーや保育園、小学校などがあるかをポイントにしました」(30代/3歳児と7歳児のママ)

 

他には、駅やバス停などの公共交通機関が近くにあり生活がしやすいことを意識したママもいるようです。

子育て支援の充実

「妊娠中に引越し先を決めるとき、子育て支援が充実しているかを重視して住む場所を決めました。自治体によって妊娠中の女性やその家族が受けられる助成制度や、子育て家族向けの支援内容が異なるので、引越し先の候補となる地域の情報を探して検討したことがあります」(30代/1歳児と4歳児のママ)

 

ママのなかからは、子どもの医療費の助成金額や年齢について調べ、子育て支援が充実していると感じた地域を住む場所の候補にしたという声も聞かれました。

通勤時間の関係で頼ったサポート

働くママたちが、通勤時間の関係で送迎に困ったときに頼った相手やサービスをご紹介します。

両親

iStock.com/Yagi-Studio

 

「日帰り出張や遅めの時間帯にスタートする会議があるときや、仕事の時間がのびてお迎えの時間に間に合わないかも知れないとき、事前に子どもの送迎をお願いしておきました」(30代/3歳児と6歳児のママ)

 

子どもの迎えに間に合わない場合、両親からサポートしているママやパパもいるのではないでしょうか。ママのなかからは、子どもが習い事を始めようとしていましたが、通勤に時間がかかり送迎が難しいと感じたため、事前に近くに住んでいる両親に送迎を頼んでおいたという方も聞かれました。

ファミリー・サポート・センター

「子どもが習い事の会場へ行くときに、ファミリー・サポート・センターに送迎を依頼しています。小学校へ迎えに行ってもらい、習い事の会場まで送ってもらえると、仕事を中抜けせずに済むので助かります」(30代/8歳児のママ)

 

ファミリー・サポート・センターは、地域で子育てを支える相互援助活動を行なう組織です。サポートを依頼したい方と支援をしたい方がそれぞれ会員になり、センターが依頼や希望に応じて会員同士の仲介を行なっているそうです。

ベビーシッターサービス

「通勤時間が長く、保育園の送迎と仕事の両立が大変だったのでベビーシッターサービスを利用しています。ベビーシッターの方に送迎を依頼してからは、慌てずに出社や帰宅ができるようになりました」(20代/1歳児と3歳児のママ)

 

ベビーシッターサービスを利用することで、送迎だけでなくママやパパが帰宅するまでの間子どもを預かってもらえたというママの声もありました。ベビーシッターの利用時間は会社によってもそれぞれ違うため、事前に調べて家庭に合ったところを探して見るのもよいかもしれません。

通勤時間に合わせた工夫やサービスを

ワーキングマザーの通勤時間は、住む場所よってさまざまなようです。働くママが通勤時間以外で住む場所を意識することは、実家との距離や利便性、自治体の子育て支援の充実などもあるようです。子どもの送迎で大変なときは、家族や子育てサービスなどを利用してみてはいかがでしょうか。

子どもの送迎や預かりは「キズナシッター」におまかせください

ワーキングマザーのなかには、「保育園の送迎を頼みたい」「仕事の関係で翌日に子どもの預かりを依頼したい」と考える方もいるようです。子どもの送迎や子どもの預け先に困ったときは「キズナシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、0歳の赤ちゃんから12歳の子どもまでを対象にしたベビーシッターサービスです。同時に3人まで預かりが可能なので、兄弟がいる場合も安心してご利用いただけます。

 

専用アプリを使うことで、会員登録からシッティング依頼利用料金の支払いまで一括で行なうことができるため、仕事をしている忙しいママたちも利用しやすいのかもしれません。いざというときの子どもの預け先のひとつとして、キズナシッターの会員登録からはじめてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら