子育て

働くママが子育てでイライラしないための工夫。家事の進め方や1人の時間の作り方

働くママのなかには、仕事をしながら子育てをするときにイライラすることで悩む方もいるかもしれません。今回は、子育てでイライラするシーンやイライラしたときに工夫したこと、子育て中に自分の時間を作る方法や気持ちを落ち着けるために意識していることについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

働くママたちが子育てでイライラするシーン

仕事をしながら子育てをしているママたちは、生活のなかでイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。働くママたちにイライラしてしまうシーンを聞いてみました。

 

「仕事と家事で疲れたときに子どもがぐずってしまうと、ついイライラしてしまいます。優しく声をかけたいとは思いますが、気持ちにゆとりがもてないことが少なくないです」(30代/3歳児のママ)

 

「急な残業で予定していた家事が思うようにできないときに、イライラすることがありました。働きながら家事と子育てを行なうことは大変だと感じています」(20代/2歳児のママ)

 

仕事と家事や育児で忙しくなると、気持ちにゆとりをもてないことがあるかもしれません。仕事で帰宅時間が遅くなり、溜まった家事を行おうとして育児がスムーズにできないときにイライラするというママの声もありました。

イライラしたときに工夫したこと

仕事をしながら子育てをしているママたちに、イライラしたときの工夫の仕方を聞いてみました。

スケジュール管理

 

「仕事と家事で忙しくなり、思うように子どものお世話ができないときには、1日のスケジュールを見直しています。簡単にできる部分を修正して家事をスリム化することで、子育てでイライラすることが少なくなったように感じました」(40代/4歳児と7歳児のママ)

 

スケジュールの見直しをしてゆとりをもつと、子育てでイライラすることが少なくなるかもしれません。ママのなかからは、すぐに行なうことと後に回せることを分けるといったスケジュール管理をし、時間に余裕をもたせる工夫をしているという声も聞かれました。

家事の進め方

「私は家事の進め方を工夫して、子育てでイライラしないようにしています。自動調理器やロボット掃除機などの便利な家電を使うと、家事の時間が短縮でき、子どものお世話をする際も気持ちにゆとりが生まれるのではないかと思いました」(30代/4歳児のママ)

 

家事の進め方を工夫することも、子育てのコツのひとつかもしれません。出勤日は食事作りや洗濯などの必要な家事のみを行ない、掃除や片付けは休日にまとめて行なうようにして、子どもと向き合う時間をとっているという声もありました。

時間の使い方

「子育てでイライラしそうになったときは、リフレッシュにつながる時間を作っています。仕事や家事育児の隙間時間に自分の好きなことをする時間がもてると、気持ちにゆとりが生まれ、子どもがぐずる理由を考えるといった余裕のある対応ができます」(40代/3歳児と7歳児のママ)

 

子育てでイライラしないために、ひとりで過ごす時間を作っているママもいました。時間の使い方を工夫してリフレッシュすることで、子どものお世話をするときにも気持ちを切り替えやすいかもしれません。

子育て中に自分の時間を作る方法

子育て中に自分の時間を作るにはどのようにするとよいのでしょう。働くママたちに1人の時間を作る方法を聞きました。

家事や育児の分担

 

「我が家の場合、家事や育児を夫婦で相談しながら分担しています。出勤日は夫に子どもの入浴や寝かしつけを任せているので、毎日少しずつ自分の時間を作ることができ、ストレス解消にもつながると思いました」(30代/2歳児のママ)

 

共働きをしている場合は、夫婦で家事と育児を分担すると、お互いに自分の時間を作ることができそうです。休日には夫婦で交代しながら子どもと関わるようにしたため、ジムで運動をする時間を作ることができたというママの声もありました。

地域の子育て支援制度を利用

「自分の時間を作りたいと思ったときには、地域の子育て支援制度を利用することがあります。私の住む自治体では一時預かりやファミリー・サポート・センター事業を行なっているので、必要に応じて窓口に相談しています」(20代/3歳児のママ)

 

働くママが自分の時間を作る方法として、地域の子育て支援制度を利用するのもよいかもしれません。出産後にファミリー・サポート・センターに会員登録をしておいたので、仕事で疲れたときに子どもを預けて自分の時間を作れたという声もありました。

ベビーシッターサービスを利用

「私はベビーシッターサービスを利用して自分の時間を作っています。ベビーシッターの方に自宅でシッティングをしてもらえるので、子どもは慣れた環境で過ごすことができ、私も子どもの近くで自分の時間をもつことができるので安心です」(40代/5歳児と8歳児のママ)

 

ベビーシッターサービスは自宅でシッティングをしてもらえるため、子どもも環境の変化に戸惑わずに過ごせそうです。仕事で疲れて休みたいときは、ベビーシッターの方にリビングで子どもを預かってもらい、自分は寝室で休憩するのもよいかもしれません。

働くママがイライラしないために意識していること

子育てでイライラしないために意識していることを、働くママたちに聞いてみました。

気持ちを落ち着かせる

「子どものわがままにイライラしそうになったときは、大きく深呼吸をして気持ちを落ち着かせています。子どもに声を掛ける前に一呼吸おくことで、子どもの気持ちを考えるゆとりが生まれるように思いました」(30代/3歳児のママ)

 

大きく深呼吸をすると、子育てでイライラしそうになったときも落ち着いて子どもと向き合えそうです。ママのなかからは、子どもに注意をする前にゆっくり数を数えることで少しずつ気持ちが落ち着き、優しい言葉を選んで話せたという声も聞かれました。

無理をしない

「仕事や家事で疲れたときには無理をしないことを心がけています。残業で帰宅が遅くなった日は、食事のデリバリーサービスを利用するなどして家事を減らすと、自分の気持ちに余裕をもって子どもと向き合うことができます」(40代/5歳児と7歳児のママ)

 

自分の気持ちに余裕をもって過ごせるように、無理をしないことを意識しているママがいました。子育てでイライラしないためには、仕事や家事で疲れたときに休むことも大切かもしれません。

子育てをしながら働く場合は自分に合った工夫を

 

働くママのなかには、仕事で疲れ子育てでイライラしたときに、家事やスケジュール管理を工夫している方もいるようです。リフレッシュをして気持ちを切り替えるためには、1人で過ごす時間を作るのもよいかもしれません。子育てをしながら働く場合は、地域の子育ての支援やサービスの利用も考えるなど、自分に合った工夫ができるとよいですね

働くママが自分の時間を作りたいときは「キズナシッター」の活用も

仕事をしながら家事や子育てをしていると「疲れて休みたいときに短時間子どもを預かって欲しい」「リフレッシュする時間を作りたいので、子どもの預け先を知りたい」と考えるママもいるのではないでしょうか。働くママが自分の時間を作りたいときには「キズナシッター」の利用を検討してみてはいはがでしょうか。

 

キズナシッターには、保育士や幼稚園教諭などの国家資格を所有する方がベビーシッターとして登録しています。保育の経験が豊富なプロ集団なので、安心して依頼できると好評を得ています。

 

専用のアプリを使って会員登録をすると、ベビーシッター検索やシッティングの依頼、利用料金の支払いまでを一括で行なうことができるので、働くママたちにも利用しやすいサービスといえるでしょう。リフレッシュするときの預け先としてキズナシッターの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら