幼児教育・保育の無償化(幼保無償化)の対象ベビーシッターになるための準備について
よくある質問

Q
幼児教育・保育の無償化(幼保無償化)の対象ベビーシッターになるための準備について

2019年10月1日より実施される「幼保無償化」(幼児教育・保育無償化制度)によって、認可外保育施設に含まれるベビーシッターの利用料も無償化の対象になりました。

利用料は、3歳から5歳までの子どもを対象に、月額で合計37,000円を上限に無償化。住民税非課税世帯の0歳から2歳の子どもについては、月額42000円を上限に無償化されます。

また、自治体から保育の必要性について認定を受けた世帯については、預かり保育やベビーシッター利用料の一部も無料になりますので、今後、保護者の方の登録・利用が増加し、シッターの皆様へのご依頼も増えることが予想されます。

キズナシッターに登録のシッターさんも、幼保無償化の対象ベビーシッターになるための申請を行っていただくよう推進しています。

この幼保無償化の「対象ベビーシッター」となるためには、下記の条件を満たしている必要がございますので、まだ対応がお済みでない方はご確認をお願い致します。

==================================

対象ベビーシッターになるためのSTEP

==================================

■STEP1 「認可外保育施設設置届」をお住まいの自治体にご提出ください。

■STEP2 「認可外保育施設設置届の受領証・もしくは受領印が押された届出」の写真を撮影し、キズナシッター事務局にメールでお送りください。

■STEP3 「特定子ども・子育て支援施設等確認申請書」をお住まいの自治体にご提出ください。

ご自身でお住まいの自治体のサイトより必要書類をダウンロード・印刷の上、ご提出ください。

書き方の見本や自治体情報は登録会後にお送りしている「ご利用開始後のご案内」をご確認ください。

■STEP4 「特定子ども・子育て支援施設等確認申請書」が確認された旨をキズナシッター事務局へメールでお知らせください。

自治体によって確認方法が異なりますので、適宜ご対応ください。

<ケース1>各自治体のHPの幼保無償化対象施設としてお名前が公示される場合

 └ 公示が確認できる自治体HPのリンクをキズナシッター事務局宛にメールでお送りください。

<ケース2>各自治体のHPには公示されず、認定を証明するための通知書がシッターさんに郵送される場合

 └ 認定を証明する通知書の写真を撮影し、キズナシッター事務局宛にメールでお送りください。

▼送付先

キズナシッター事務局

info-sitter@kidsna.com

※氏名を記載の上お送りください。

※影や文字ブレがなく、記載の内容がはっきりと読み取れるように撮影してください。

お住まいの自治体で幼保無償化の対象シッターの確認がとれた方には、「幼保無償化」の対象ベビーシッターとしてプロフィールにバッジを付与致します。

====================

※重要

看護師免許・保育士資格をお持ちの方以外の方に関しては、国の定める指導監督基準を満たす研修の受講が必須になるようです。

国の定める指導監督基準を満たす研修について、情報が明確に決まりましたら改めてお知らせさせていただきます。

====================

▼幼保無償化の対象ベビーシッターを利用したいと言われた。保護者様への対応方法について

https://kidsna-sitter.com/sitter/help/yohomushoka

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。 ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

キズナシッター アプリ