保育・保活

葛飾区でベビーシッターサービスを利用したい。会社の選び方や区から受けられる助成

葛飾区で暮らすママやパパのなかには、ベビーシッターサービスを利用したいと感じることもあるのではないでしょうか。今回は、葛飾区でベビーシッターサービスを利用したいときや葛飾区でのベビーシッター会社の選び方、葛飾区でベビーシッターサービス利用時に受けられる助成と葛飾区の保育サービスについて、区の資料をもとにご紹介します。

葛飾区でベビーシッターサービスを利用したいとき

葛飾区で子育てをしているとき、仕事や家庭の用事のために子どもを預かってもらいたいというシーンもあるのではないでしょうか。子どもの預かり先を探すとき、ベビーシッターサービスの利用を検討するママやパパもいるかもしれません。

 

今回は、葛飾区でのベビーシッターサービス利用について、ママやパパたちに聞いてみました。

葛飾区でのベビーシッター会社の選び方

子どもの預かり先を探すとき、ベビーシッター会社を選ぶときのポイントが知りたいママやパパもいるようです。葛飾区のママやパパたちに聞いた、選び方のポイントをお伝えします。

利用料金

「インターネットで葛飾区を対象としているベビーシッター会社を検索し、利用料金を確認しました。会社によって利用料金や利用時間の設定が違ったので、利用したいシーンをイメージし、条件に合うと感じたベビーシッター会社を選びました」(30代/6歳児のパパ)

 

ベビーシッター会社によって、利用料金はそれぞれ違いがあるようです。また、マッチングサービスなどでは、ベビーシッターの方によって1時間あたりの利用料金が設定されている場合もあるそうなので、利用前に確認するとよいかもしれません。

対象年齢

「娘の預け先を探すときは、対象年齢をポイントにベビーシッター会社を選びました。うちの場合は、当時生後6カ月の赤ちゃんを対象としていることを重視して探した記憶があります」(20代/8カ月の赤ちゃんのママ)

 

赤ちゃんの月齢がシッティングの対象になっているかは、ベビーシッター会社選びのポイントのひとつといえるでしょう。他にも、兄弟どちらの年齢も対象の範囲内であることを意識してベビーシッター会社を選んだというパパの声もありました。

交通費

beeboys – stock.adobe.com

 

「ベビーシッター会社を探すとき、ベビーシッターの方の居住地がわかると選びやすいと感じました。同じ葛飾区の方にシッティングを依頼できると、ベビーシッターの方の交通費が抑えやすいと思います」(40代/2歳児と7歳児のパパ)

 

ベビーシッターの方が自宅に行くまでの交通費がかかるため、葛飾区内に住んでいる方を選びたいというパパの声もありました。ベビーシッター会社によっては、ベビーシッターの方それぞれの居住エリアや最寄り駅をホームページで公開していることもあるようです。

 

キズナシッターで東京都葛飾区のベビーシッターを探す

葛飾区でベビーシッターサービス利用時に受けられる助成

ベビーシッターサービスを利用したとき、葛飾区から受けられる助成制度があるようです。葛飾区の資料をもとに、助成についてご紹介します。

ベビーシッター利用支援事業

葛飾区では、東京都が導入したベビーシッター利用支援事業を活用しているそうです。認可保育園等への入所が決定するまで期間、東京都が認定したベビーシッター事業者を利用して自宅で保育した場合、利用料の一部の補助が受けられるようです。当サイトを運営するキズナシッターは、令和2年2月現在は、ベビーシッター利用支援事業の対象外となっています。

 

出典:ベビーシッター利用支援事業/葛飾区

幼児教育・保育の無償化制度

認可外保育施設のひとつであるベビーシッターサービスは、令和元年10月から施行された幼児教育・保育の無償化制度の対象になるそうです。就労のためにベビーシッターサービスを利用する場合は、保育の必要性の認定を受けたり、ベビーシッター会社から受託証明書を発行してもらったりと、事前に必要な手続きについて確認しておくとよいでしょう。当サイトキズナシッターは、受託証明書の発行をしています。

 

出典:幼児教育・保育の無償化対象施設の一覧/葛飾区

葛飾区の保育サービス

iStock.com/zsv3207

 

葛飾区には、保育園などの他にも複数の保育サービスがあるようです。さまざまな保育サービスのなかから、3つの事業をご紹介します。

一時保育

一時保育は、家庭での保育が一時的に難しい就学前の子どもを保育園で一時的に預かる制度のようです。葛飾区では、利用の目的として買い物や通院、就学や介護などが対象とされています。数時間から数日単位での利用が可能ですが、一時保育の事業内容は実施する園によって異なるそうなので、利用を希望する園に直接確認するとよいでしょう。

 

出典:一時保育/葛飾区

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターという、地域で子育てをサポートする取り組みもあるようです。仕事や家庭の事情などにより、一時的に子どもを預けたい方(ファミリー会員)と、預かってもよいという方(サポート会員)をセンターが仲介するもので、生後6カ月の赤ちゃんから小学6年生までの児童を対象としているそうです。事前に会員登録が必要なため、いざというときのために登録を済ませているというママの声もありました。

 

出典:かつしかファミリー・サポート・センター/葛飾区

ショートステイやトワイライトステイ

ショートステイ・トワイライトステイとは、保護者が子どもの養育をすることが難しい状況になったときに、葛飾区が指定する施設で夜間や宿泊を伴って養育を行う事業のようです。対象となる子どもは区内在住の2歳から15歳以下とされ、年末年始を除き毎日利用できるとされています。利用を希望する場合、まずは葛飾区の子ども総合センターに連絡をするとよいでしょう。

 

出典:ショートステイ・トワイライトステイ事業のご案内/葛飾区

葛飾区の情報を確認してベビーシッターサービスを利用しよう

iStock.com/monzenmachi

 

葛飾区での子育てをサポートしてもらいたい家庭のなかには、ベビーシッターサービスの利用を検討するママやパパもいるようです。自宅でのシッティングを依頼するとき、同じ区のベビーシッターの方を選ぶと交通費が少額で済むので経済的だと考えたパパもいました。葛飾区では、ベビーシッターサービスを利用したときに受けられる助成制度もあるようなので、自分の家庭が対象になるかを事前に確認しておくとよいでしょう。仕事や家庭の用事などで子どもの預け先を探すときは、家庭にあったベビーシッター会社や区の保育サービスを上手に利用できるとよいですね。

葛飾区でのシッティングも「キズナシッター」に依頼を

葛飾区でベビーシッターサービスを探すとき「区内のベビーシッターの方に来てもらいたい」「受託証明書を発行してくれるベビーシッター会社が知りたい」と考えるママやパパもいるようです。葛飾区在住のベビーシッターも登録している「キズナシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、全国のさまざまな地域のベビーシッターが登録をしている保育のプロ集団です。また、キズナシッターに登録しているベビーシッターは、全員が保育士や幼稚園教諭などの国家資格を所有しています。

 

保育の現場での経験が豊富なため、赤ちゃんや子どもの気持ちに寄り添った丁寧なシッティングが好評です。幼児教育・保育の無償化制度のために必要な受託証明書も発行しているので、葛飾区内の子どもの預け先のひとつとして、キズナシッターの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら