保育・保活

一時預かりの定期利用の詳細や注意点。一時預かり以外の子どもの預かりサービスとは

普段、保育園や幼稚園に子どもを預けていない家庭のなかには、短時間の仕事や親の介護などを理由に、定期的に保育園の一時預かりを利用したいと考えている方もいるかもしれません。しかし、一時預かりの定期利用の詳しい内容がわからず不安に感じている場合もあるようです。そこで今回は、一時預かりの定期利用の詳細や注意点、一時預かり以外の子どもの預かりサービスについて紹介します。

保育園の一時預かりとは

iStock.com/bee32

 

保育園の一時預かりとは、普段保育園に通っていない子どもを対象に、保護者が子どもを見ることが困難になった際に一時的に保育園で預かる制度のことです。自治体や保育園によっては「一時保育」と呼ばれることもあるようです。

 

一時預かりは、全ての保育園で対応しているわけではないため、利用を検討するときには自治体に確認してみるとよいでしょう。一時保育に対応している保育園では、一時保育専属の保育士がいたり、一時保育専用の保育室が用意されていることもあるようです。子どもの様子に応じては、同年齢の子どもたちが過ごす環境に加わり、いっしょに遊んだり給食を食べたりと集団生活を経験できることもあるようです。

 

一時預かりを利用できる理由は、保護者の就労や親の介護、冠婚葬祭などの急用、リフレッシュなどがあります。自治体によっては、利用理由によって一時預かりの詳細が異なることもあるようです。今回は、このなかで一時預かりの定期利用について詳しく見ていきましょう。

一時預かりの定期利用とは

一時預かりの定期利用とは、どのような利用の仕方なのか気になる方もいるかもしれません。定期利用できる理由や日時、料金内容、利用方法に分けて紹介します。なお、一時預かりの内容は、自治体や対応している保育園によって異なる部分が多いので、詳細についてはお住まいの自治体に確認してみましょう。

利用できる理由

一時預かりの定期利用は、保護者の通学やパート勤務、親の介護などを理由に断続的に保育が必要な時に利用することができます。

利用できる日時

利用できる日数は定期利用の場合、週に2、3日程度となることが多いようです。保育時間は、利用する保育園の開所時間のうち4時間から8時間程度となり、園によっては時間外保育に対応していることもあるようです。

料金内容

一時預かりは、利用する年齢によって料金が異なることがあります。定期利用の場合、何時間でいくらと決まっていたり、月額いくらと設定されている場合もあるようです。

利用方法

一時預かりの利用申込みは、実施園に直接申し込むことが多いようですが、自治体によっては自治体の窓口で申し込みを行う場合もあるようです。利用前に事前登録が必要な園もあるため、早めに利用方法を確認しておくと安心かもしれません。

一時預かり利用の注意点

保育園の一時預かりを利用する場合、事前に気をつけておいたほうがよいこともあるようです。一時預かり利用についての注意点を紹介します。

定員オーバーで利用できないことも

保育園の一時預かりは、実施園で定員が決まっているため、申込みの状況によっては利用が難しい場合もあるようです。待機児童が多い地域では、一時預かりを子どもの預け先として利用している方もおり、申込みが困難なこともあるかもしれません。定員オーバーにより利用できないことも考えられるため、緊急の場合には一時預かり以外の預け先についても検討しておくことが必要でしょう。

子どもがなかなか慣れない

一時預かりの定期利用と言っても、最長で週に2、3日の利用しかできないため、子どもによってはなかなか保育園に慣れないということもあるようです。ママやパパのなかには、預けるたびに泣いたり嫌がったりする姿を見て、預けることに不安を感じることもあるかもしれません。子どもが慣れず不安を感じるときには、一時預かりの保育士と連絡を密に取りながら、少しすつ慣れていけるよう協力体制を作っていけるとよいかもしれません。

定期利用できる子どもの預かりサービス

iStock.com/aydinmutlu

 

一時預かりを利用できなかったときの対応策として、子どもの預け先にはどのような場所があるのでしょうか。定期利用できる子どもの預かりサービスについて紹介します。

ファミリーサポート

ファミリーサポートとは、自治体が主体となって運営している地域での子育てを助け合う活動です。地域で育児などの手伝いをしてもらいたい依頼会員と、子育てなどを手伝いたい提供会員で構成されており、ファミリーサポートセンターが仲介役となり相互援助を行います。

 

利用は、保護者の就労や急な用事などで子どもの預け先が必要になったときやリフレッシュしたいときなどに対応しており、定期利用することも可能です。利用するためには、住んでいる自治体の会員登録が必要となり、利用前には依頼会員と提供会員で事前の打ち合わせも行われるようです。

 

利用できる年齢は、0歳から12歳くらいまでの子どもが利用できる場合が多いようですが、生後どのくらいから利用できるかはお住いの地域によって異なります。預かる場所は、提供会員の自宅になることが多いようですが、自治体によっては自宅に来てもらうこともできるようです。

 

出典:ファミリーサポートセンターのご案内/厚生労働省

ベビーシッター

ベビーシッターとは、主に保護者が不在のときに自宅に来て子どものお世話をしてくれるサービスです。対象となる年齢は幅広く0歳から12歳の子どもが多く、最近では「ベビー&キッズシッター」と呼ばれることもあります。

 

ベビーシッターの利用は、2時間程度の短時間から長時間の預かり保育に対応していることが多く、家庭の要望に応じては早朝や夜遅くまで対応していることもあるようです。定期利用にも対応しており、ベビーシッター会社によっては、同じベビーシッターに依頼することもできるようです。

 

ベビーシッターによる預かり保育は、子どもにとって安心した環境のなかでマンツーマンの保育となるため、子どもの様子や性格に応じて保育内容を柔軟に対応することができ、丁寧な保育を可能にするようです。ベビーシッター会社によって、サービスや料金内容はさまざまとなるため、家庭の要望に応じてベビーシッター会社を選んでみてもよいかもしれません。

 

出典:厚生労働省/ベビーシッターなどを利用するときの留意点

一時預かりの定期利用を上手に活用しよう

iStock.com/PamelaJoeMcFarlane

 

一時預かりの定期利用の詳細や注意点、一時預かり以外の子どもの預かりサービスについて紹介しました。定期的に子どもを預けたいと思ったとき、保育園の一時預かりは身近な存在として活用しやすそうです。一方で、地域の申込み状況によっては利用が難しいことも考えられるため、対応策を考えておくと安心でしょう。子どもの預け先が必要になったときには、一時預かりの詳細を確認し、定期利用を上手に活用していけるとよいかもしれませんね。

一時・定期利用の可能な「キズナシッター」の活用

「子どもの預け先が見つからない」「一時預かりに子どもが慣れない」などの理由から、子どもの預け先について悩みを抱えることがあるかもしれません。そのようなときには、保育のプロに子どもを預けることができるベビーシッターサービス「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士や幼稚園教諭など子どもに関わる資格を全員が所有しています。子どもについての専門知識を身につけ経験豊富な方が多いため、子どもの様子に合わせて丁寧な保育を実現していくでしょう。

 

キズナシッターは、一時的な利用はもちろん定期的な利用も可能となり、選んだベビーシッターのスケジュールによっては、毎回同じベビーシッターに対応してもらうということも可能です。そのため、子どもとの信頼関係も築きやすく、子どもも安心して過ごせることがあるようです。

 

ベビーシッターは少し不安と感じる方は、保護者の方が在宅中に一度体験してみるというのもおすすめです。子どもの預け先が必要になったときは、キズナシッターの会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら