保育・保活

保育所の一時預かりの内容とは。利用できる理由や気をつけるポイント

日頃、保育園を利用していないパパやママにとって、急用やリフレッシュなどを理由に、一時的に子どもを預けたいときがあるかもしれません。そのようなときに利用できるのが、保育所の一時預かりです。しかし、詳しい内容を知らず、なかなか利用できずにいる方もいるのではないでしょうか。今回は、保育所の一時預かりについて、利用できる理由や内容などについて詳しく紹介します。

保育所の一時預かりとは

保育所の一時預かりとは、主に昼間の時間帯に、保育所や認定こども園などにおいて乳幼児を一時的に預かり、保育を行うサービスです。通常の保育とは別枠で、普段保育園に通っていない子どもを預かる仕組みとなり、一時預かり担当の保育士が対応します。一時預かりは、すべての保育所や認定こども園で実施しているわけではなく、自治体によって実施園も異なります。また、実施している園によっては、一時預かり専用の部屋を設けている場合や、年齢に応じてクラスのなかでいっしょにすごす場合もあるようです。
保育所の一時預かりについて、利用できる理由や一時預かりの内容等を確認していきましょう。

出典:子ども・子育て支援新制度ハンドブック

一時預かりを利用できる理由

一時預かりを利用するためには、子どもを預ける理由をきちんと申請しなければなりません。自治体によっては、利用理由に応じて、一度に申し込める日数や料金、利用できる保育所が異なる場合もあるようです。具体的にどのような理由で一時預かりを利用できるのか、保育の種類別に紹介します。

定期的な保育

iStock.com/maroke

 

定期的な保育とは、保護者の就労、職業訓練や就学、介護等の理由により、家庭での子どもの保育が断続的に困難となる場合に利用できます。この場合、利用する理由に応じて、保育実施期間が異なる場合もあります。「非定型的保育」と呼ばれる場合もありますので、詳しい名称については、自治体の情報を参考にしてください。

緊急保育

緊急保育とは、保護者の出産や病気、ケガによる入院など、緊急の理由で一時保育が必要になった場合に利用することができます。理由によっては、最長1カ月利用できる場合もあるようです。

リフレッシュ保育

リフレッシュ保育とは、保護者に用事がある場合や育児による心身の負担を軽減するために、一時的に保育をお願いしたいときに利用することができます。リフレッシュ保育のなかには、夫婦で出かけたり、美容院に行くなど、自分の時間を確保するために利用することができるようです。

一時預かりの内容

一時預かりを利用する前には、一時預かりの内容が気になる方もいるのではないでしょうか。ここでは、一時預かりを利用する場合の利用方法や利用できる年齢、時間、料金について紹介します。

利用方法

一時預かりの申込みは、実施している保育所に直接申込みを行う場合が多いようです。事前登録や事前予約が必要な場合もありますので、利用に関する詳細を自治体に早めに確認することが重要でしょう。

利用できる年齢

一時預かりを利用できる年齢は、0歳から利用できる場合が多いですが、生後57日から利用できる場合や生後6カ月から利用できるなど、月齢には幅があるようです。また、利用する年齢によって、料金が異なる場合があるので注意が必要でしょう。

利用時間

iStock.com/AnikaSalsera

 

一時預かりの利用時間は、保育所や認定こども園が開所している時間の間で対応していることが多いようです。1時間単位で利用できたり、4時間や5時間などのまとまった時間で対応している自治体もあるようです。

料金

一時預かりの料金は、1時間いくらと決まっていたり、数時間でいくらと決まっていることが多いようです。お住まいの地域や各保育所が定めている利用料があります。1時間500円程度から利用できるところもあるようです。

一時預かりを利用するときに気をつけたいこと

一時預かりを利用する検討する場合、どのようなことに注意していけばよいでしょうか。一時預かりを利用するときに気をつけたいことについて紹介します。

利用日が決まったらすぐに申し込む

一時預かりを利用できる人数は、各保育所や認定こども園によって人数が決まっています。そのため、待機児童が多い地域では争奪戦のようになっている場合もあるようです。利用日が決まったら、すぐに申し込みことが大切になってくるでしょう。一時預かりを申し込む場合には、申込開始日についても事前に確認しておきましょう。

子どもの気持ちに寄り添っていく

一時預かりを利用する場合には、子どもの気持ちに寄り添っていくことが大切になってくるでしょう。わずかな時間であっても、子どもにとっては、初めての場所に一人で預けられることは、不安な気持ちになることもあるようです。余裕がある場合には、一時預かりの利用を予定している保育所などに、子どもといっしょに見学に行き、雰囲気に慣れていけると安心かもしれません。言葉がわかる年齢であれば、利用する前に子どもにきちんと説明を行い、気持ちの準備ができるとよいかもしれません。

預けられなかったときの対応策を考えておく

一時預かりは、限られた枠であるため、地域によっては予約が困難な場合もあるようです。そのため、どうしても子どもを預けなければならない状況のときには、預けられなかったときの対応策を考えておくことも大切になってくるしょう。預け先に悩んだ場合には、ベビーシッターを活用するのも一つの方法です。ベビーシッターであれば、2日前や前日の予約であっても、きちんと対応してもらうことができるようです。いざというときに、スムーズに利用できるよう、事前登録をしておくと安心かもしれません。

保育所の一時預かりについて知り、上手に活用しよう

iStock.com/maroke

 

保育所の一時預かりについて、利用できる理由や一時預かりの内容などを紹介しました。一時預かりは、育児をしているパパやママにとって、もしものときにとても心強いサービスです。利用するためには、お住まいの地域の一時預かりの詳細をきちんと確認しておくことが大切になってくるようです。一時預かりについて知り、上手に活用していけるとよいですね。

いざというときにもスムーズに対応「キズナシッター」の活用

いざというときにも、スムーズに対応してくれるベビーシッターサービス「キズナシッター」を活用してみてはいかがでしょうか。キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士資格、幼稚園教諭など子どもに関わる資格保有者100%となります。そのため、一時預かりのように、きちんと専門知識を持った、経験豊富な方が多く登録しており、自宅が保育園に変わるイメージでしょう。
キズナシッターは、事前登録・面談を済ませていれば、前日の予約であっても、スムーズにシッティング依頼を行うことができるため、いざというときにも安心感があるでしょう。また、対応するベビーシッターについては、利用者自身が顔写真やプロフィール、レビューなどの情報を参考に決めることができるます。悩んだ際には、カスタマーサポートを活用して、希望にあったベビーシッターを探してもらうことも可能です。

 

キズナシッターへの登録は無料なので、いざというときのために、ベビーシッター選びから始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

 

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪

※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

 

キズナシッターアプリAppstore

キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら