子育て

子どもが専用のスマホを持つのはいつから?スマホを持つときに考えた家庭のルール

子どもに専用のスマホをいつから用意しようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は、子ども用のスマホを用意した時期や子どもがスマホを持つときに考えたルール、小学生や中学生のいる家庭が利用したサービスについてママやパパたちの体験談をもとにご紹介します。

子どもが専用のスマホを持つのはいつから

ママやパパたちに、子どもにいつからスマホやキッズ向けの携帯を持たせたのか、理由とともに聞いてみました。

小学校の低学年

「自宅から小学校まで距離が長く下校時に1人になる時間もあるため、1年生のときからキッズ携帯を持たせています。普段よりも帰宅時間が遅いときは、GPS機能で子どもの位置を確認できるので安心です」(30代/8歳児のパパ)

GPS機能で子どもの居場所を確認しやすいように、小学校の低学年からキッズ向けの携帯を持たせている家庭があるようです。防犯対策や災害時の連絡用として、2年生からスマホを子どもに持たせるようにしたママもいました。

小学校の高学年

「4年生から学習塾に通い始めたので、迎えの連絡をするときのために子ども専用のスマホを用意しました。塾の時間が長引くときも、メールでやりとりができるので便利です」(30代/10歳児のママ)

塾に通い始めるタイミングで、子ども専用のスマホを検討する家庭も少なくないのではないでしょうか。共働き家庭のなかには、子どもが高学年になり1人で留守番をする機会が増えたので、親の不在時の連絡手段としてキッズ携帯やスマホを活用しているパパの声もありました。

中学生

「中学校に入学し、子ども同士で出かける機会が増えたので、専用のスマホを持たせることにしました。小学生のときよりも行動範囲が広がったので、いざというときに連絡ができると便利です」(40代/12歳児のママ)

子ども同士で出かける機会が増えたことをきっかけに、いざというときの連絡手段として子どもにスマホを用意した方もいるようです。他には、私立中学の進学をしたタイミングで、電車やバスに乗って1人で登下校をするようになったため専用のスマホを持たせた家庭もありました。

子どもがスマホを持つときに考えた家庭のルール

shutterstock.com/Larina Marina



ママやパパたちに聞いた、子どもがスマホを持つときに考えた家庭のルールをご紹介します。

使用時間や場所を決める

「わが家ではスマホの使用場所について、自宅にいる際はリビングで使うことを約束をしています。親の目の届く範囲のみでの使用にすると、子どもがスマホをどのくらい使っているか把握しやすくなり、スマホに集中し過ぎないよう声かけがしやすくなりました」(40代/10歳児のパパ)

「ゲームや友だちとの連絡が夜遅くまで続かないように、スマホの使用は21時までにしています。使用する時間を決めることで、メリハリをもってスマホを使えるようになりました」(30代/11歳児のママ)

子どもがスマホを持つときの約束事として、使用時間や場所をあらかじめ決めておきたいという家庭も少なくないのではないでしょうか。保護者が使用時間帯や1日の使用時間の長さを設定するアプリを活用している家庭や、子どもの就寝時間中は親がスマホを預かっているという家庭もあるようです。

インターネットのルールを確認する

「SNSに自分や友だちの個人情報を書き込まないなど、インターネットのルールを子どもと確認しています。どのようなトラブルにつながる可能性があるのか具体的に話すと、子どもも自分ごととして聞いてくれました」(40代/12歳児のママ)

子どもにスマホを用意するときは、インターネットのルールも確認しておきたい内容のひとつかもしれません。スマホを持つ前に、インターネットのモラルについて動画や本などで子どもといっしょに勉強しておくのもよさそうです。

アプリのインストールや課金は相談をする

「子どもにスマホを持たせるときに、アプリのインストールやゲームの課金をしたいときは親に相談することを約束しました。スマホを使うためにどのくらいのお金がかかっているのか話をし必要なことに使ってほしいと話をすると、納得してくれていたのでよかったです」(30代/9歳児のパパ)

スマホのトラブルを防ぐために、アプリのインストールや課金については相談するよう子どもと約束した家庭もありました。他には、スマホにアプリ内課金を制限する機能を設定し、子どもが勝手に課金ができないように対策をしているママの声もありました。

子どもにいつスマホを持たせるかは目的に応じて

shutterstock.com/fizkes



子どもが専用のスマホをいつから持つかは、小学校の低学年や高学年、中学生など家庭によってタイミングに違いがあるようです。子どもがスマホを持つときに考えた家庭のルールとして、使用時間や場所を決めることやインターネットのルールを確認することなどの約束事を決めているママやパパの声がありました。子どもにスマホを持たせるタイミングは、スマホを持つ目的に応じて家族で相談してみてもよいですね。

子どもの送迎や預かりのサポートがほしいときは「キズナシッター」へ

子ども専用のスマホをいつから用意しようか検討している家庭のなかには、「自宅に子どもだけで留守番をしてもらうのは心配」「習い事教室への送迎をお願いできる人が近くにいない」といった悩みをもつ方もいるようです。子どもの預かりや送迎のサポートがほしいときは「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターとは、保育士や幼稚園教諭、看護師といった国家資格所有者のみが登録できるベビーシッターのマッチングサービスです。0歳の赤ちゃんから12歳の子どもまで、同時に3人まで預かりが可能なため、兄弟育児をしている家庭も利用しやすいでしょう。

登録料や年会費は一切かからず、シッティング料金内で習い事教室などへの送迎にも対応しているため、料金システムがわかりやすいと好評です。子ども専用のスマホをいつから持たせようか悩むときは、キズナシッターの利用も選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら