子育て

川崎市の子育て支援制度や施設。子育てに関する補助金や支援情報

川崎市の子育て世帯のなかには、市の子育てに関する行政支援について知りたい方もいるようです。今回は、川崎市の子育て支援制度や施設、子育てに関する補助金制度や子育て支援の情報について、市の資料をもとにご紹介します。

川崎市の子育て支援制度や施設

川崎市のホームページをもとに子育て支援制度や施設についてご紹介します。

子育て施設

川崎市には「保育所」と「幼稚園」以外に、幼保連携型と幼稚園型の2つの種類がある「認定こども園」があります。また地域型保育事業では、0歳から2歳の子どもを預かる「家庭的保育」「小規模保育」「事業所内保育」の3種類の事業も行われています。その他に、乳幼児の親子を対象とした、親子のあそび場や地域の子育てに関する情報、育児相談などを提供している「地域子育て支援センター」が各地にあるため、乳幼児のいる家庭は確認してみるとよいでしょう。なお、ホームページにおいて川崎市を区のエリアごとに分け、それぞれの子育て施設の詳細を紹介しています。

出典:令和3年度 保育所等・幼稚園・認定こども園/川崎市

出典:地域子育て支援センター/川崎市

出典:こどもの施設案内/川崎市

一時保育

一時保育とは保護者の就労や就学、病気や冠婚葬祭の出席などの理由により、家庭で保育ができない場合に、保育施設に通っていない子どもを一時的に預かる制度です。利用条件は、制度を利用する理由によって異なります。保護者が週2、3日または月64時間に満たない就労や就学などを行っている場合は「非定型的保育」、保護者が週1日程度の就労や就学などを行っている場合は「緊急・一時保育」、保護者が病気のため入院や、育児に伴う負担の軽減を解消する場合は「緊急・一時保育」といった種類になります。保育の種類や預ける理由に応じて、利用できる日数や定員に違いがあるため、詳しい内容はホームページをご確認ください。

出典:一時保育/川崎市

病児・病後児保育

保育園などの施設に通っている子どもが、病気や病気の回復時にあり集団生活が困難な期間に、保護者の就労を理由に家庭で保育が難しい場合において、専用の保育施設で子どもを預かる、病児・病後児保育という事業もあります。対象児童は、川崎市に在住し、保育園などに通っている乳幼児です。病児保育事業と病後児保育事業はそれぞれにおいて詳細が異なるため、内容を確認してご利用ください。

出典:病児保育事業/川崎市

出典:病後児保育事業/川崎市

休日保育

川崎市で行われている休日保育とは、保護者の就労を理由に日曜や祝日に家庭で保育ができない場合において、特定の保育園で子どもを預かる制度です。なお、休日保育を利用する場合は、保育所等の利用が連続7日間以上になることがないよう、利用した週の月曜日から土曜日の間で普段通園している保育施設の休む日を設定し、家庭で保育する日を設ける必要があります。利用対象は、市内在住の保育施設に通っている児童で、日曜や祝日においても保育の必要性が認められることと離乳食が完了していることです。

出典:休日保育/川崎市

定期利用保育

新規開設された保育所等の空きスペースを活用して、1年間の限定した期間に1、2歳児の受け入れ枠を一時的かつ臨時的に確保する、定期利用保育という事業もあります。利用条件は4つあり、すべての要件を満たす必要があります。1つ目は、2021年4月以降の保育所等の利用を申請したが、利用調整結果通知書で保留となり、事業の利用申請時点で2021年4月以降、認可・認可外いずれの保育施設にも利用の目途が立っていないこと。2つ目は、利用時点で市内在住者であること。3つ目は、利用時点で子どもが満1歳児または、満2歳児であること。4つ目は、必要書類をすべて提出できることです。

出典:(7月1日入所の募集開始)令和3年度 年度限定型保育事業/川崎市

川崎市の子育て補助金制度

shutterstock.com/ChristianChan


川崎市の子育てに関連する補助金制度について気になる方もいるようです。川崎市の子育てに関する補助金や助成制度についてご紹介します。

妊活・妊娠・出産に関する助成金

川崎市は妊婦健康診査の費用を助成しており、妊婦健康診査14回分の補助券を交付しています。その他に、不妊治療に関する特定治療支援や不育症検査費用、入院助産、新型コロナウイルスの検査費用などの助成制度があります。

出典:妊婦健康診査/川崎市

出典:不妊に悩む方への特定治療支援事業(治療終了日が令和3年1月1日以降の治療)/川崎市

出典:不育症検査費用助成について/川崎市

出典:入院助産制度/川崎市

出典:~分娩前の妊婦のみなさまへ~ 新型コロナウイルスの検査費用を助成します/川崎市

子育てに関する助成金

子育て家庭へのさまざまな生活支援として、小児ぜん息患者の医療費支給やスマートハウス補助金、就学援助の制度があります。また、ひとり親家庭を対象とした、児童扶養手当やひとり親家庭等の医療費、災害遺児等福祉手当などの制度も行われています。障がいのある子どもの家庭支援では、特別児童扶養手当と障害者自立支援医療の制度などがあるため、対象の家庭は確認してみるとよいでしょう。

出典:小児ぜん息患者医療費支給事業/川崎市

出典:令和3年度 「スマートハウス補助金」(個人住宅)/川崎市

出典:令和3年度川崎市就学援助制度のお知らせ/川崎市

出典:児童扶養手当/川崎市

出典:ひとり親家庭等医療費助成事業/川崎市

出典:災害遺児等福祉手当/川崎市

出典:特別児童扶養手当/川崎市

出典:障害者自立支援医療(育成医療)の給付/川崎市

川崎市の子育て支援情報

shutterstock.com/MIA Studio


子育て家庭のなかには、市の子育てに関する行政サポートについて知りたい方もいるのではないでしょうか。川崎市の子育て支援情報についてご紹介します。

・かわさきし子育てガイドブック
・新かわさき子育てアプリ
・かわさきし子育て応援ナビ

「かわさき子育てガイドブック」とは、川崎市でこれから出産を考えている方や子育て家庭が、安心して子育てができるように、市の子育てに関する対策や制度、施設などについての情報をまとまた冊子です。ガイドブックは、各区役所の地域みまもり支援センターなどで配布してます。妊娠から出産、育児までをサポートするスマホのアプリとして「新かわさき子育てアプリ」もあります。保育園や幼稚園、子育てイベントの検索の他、子どもの予防接種のスケジュール管理や子どもの成長の記録などを行えるため、夫婦で登録している家庭も少なくないようです。

出典:かわさきし子育てガイドブック/川崎市

出典:「新かわさき子育てアプリ」について/川崎市

出典:かわさきし子育て応援ナビ/川崎市

川崎市で子育てをするときは制度や支援情報について確認を

shutterstock.com/ANURAK PONGPATIMET


川崎市には、保育園や幼稚園、地域型保育事業などの他に、乳幼児の親子が気軽に利用できる「地域子育て支援センター」があるようです。子どもの一時的な預け先を探している場合には、一時保育や病児・病後児保育、休日保育などの制度があり、家庭の状況に応じて利用してみてもよいかもしれません。子育てに関する補助金制度には、妊娠時期以外にも、子育て家庭をサポートするさまざまな制度があるようです。川崎市のガイドブックや子育てアプリなどをじょうずに活用しながら、楽しく子育てができるとよいですね。

「キズナシッター」は川崎市の子育て世帯も応援しています

川崎市や周辺の地域で子育てのサポートを受けたいとき、「一時保育の定員がいっぱいだった」「朝や夕方の保育をサポートしてもらいたい」というケースもあるようです。0歳から12歳までの赤ちゃんや子どもを預けたいときは、「キズナシッター」を活用してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターは、保育士や幼稚園教諭、または看護師といったいずれかの資格を所有する方のみが登録できるベビーシッターのマッチングサービスです。川崎市を拠点とする経験豊富なベビーシッターの方も登録しています。

登録料や年会費は一切かからず、実際にシッティングを利用した分だけの支払いのため、いざというときのために登録している家庭も少なくありません。サービスは365日、5:00から23:45と幅広い時間に対応しているため、子育てのサポートが必要なときには依頼してみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら