子育て

働くママたちが感じる仕事や家事でのモヤモヤ。解消するための工夫や子どもの預け先

働くママたちはどのようなことにモヤモヤを感じるのか、気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、仕事や子育てなどで働くママが感じている漠然とした悩みや、原因として考えられること、モヤモヤを解消するための工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

働くママが感じるモヤモヤ

働くママたちはどのような場面でモヤモヤとした気持ちになるのでしょう。

仕事

「計画通りに仕事が進まないときに、焦りを感じてモヤモヤすることがあります。帰宅時間が近づくと、仕事が終わらないのではないかと不安に感じてしまいました」(30代/5歳児のママ)

 

仕事が思うようにできないときに、不安を感じるママもいるようです。ほかには、仕事先の相手とのコミュニケーションが取りにくいと、モヤモヤとした気持ちになるというママの声もありました。

子育て

「仕事や家事で忙しく子どもと過ごす時間が少ないと、気分が落ち着かなくなります。子どもが眠った後で会話が少なかったと気づいたときに、後ろめたい気持ちでモヤモヤしてしまいました」(40代/4歳児と7歳児のママ)

 

「子どものお世話で忙しく自分の時間が持てないときに、モヤっとした気持ちになることがあります」(20代/2歳児のママ)

 

子どもとのコミュニケーションが取れないときや子育てで忙しいときに、モヤモヤを感じるママがいました。働くママたちは仕事と子育ての両立で不安を感じることがあるのかもしれません。

夫婦のこと

「私が仕事から帰って食事の用意をしているときに夫がくつろいでいると、モヤモヤしてしまいます。夫婦ともにフルタイムで同じように働いているのに、私の方が負担が多いような気がしました」(40代/4歳児と8歳児のママ)

 

夫婦の家事の分担でモヤモヤを感じるママもいるようです。ほかには、パパと子どもが寝た後で片付けや翌日の準備をしているときに、ため息をつきたくなるというママの声もありました。

働くママたちが考えるモヤモヤを感じる原因

iStock.com/kokouu

働くママたちに、どのような原因でモヤモヤを感じるのかを聞きました。

疲労の蓄積

「仕事から帰ってすぐに家事にとりかかるので、自分でも気付かないうちに疲労が溜まってしまいます。体の疲れが気持ちの疲れとなってモヤモヤするのかもしれません」(40代/5歳児のママ)

 

働くママは仕事と家事育児を両立するために、朝から就寝時までほとんど休息を取れないこともあるようです。ふとしたときに疲れたと感じ、気分が重くなることがあるというママの声もありました。

時間のゆとりがない

「家にいるときも家事や育児で忙しく、自分の時間を持つ余裕がないためにモヤモヤするのではないかと感じています」(30代/6歳児のママ)

 

「私は読書が趣味なのですが、仕事を始めてからゆっくり本を読む時間がありません。好きなことをする時間が少ないことから、ストレスを感じるような気がします」(20代/3歳児のママ)

 

モヤモヤを感じる原因として、時間にゆとりがないことを挙げるママがいました。忙しい日常のなかでも、短時間自分のために時間を使えるとストレスが解消されるかもしれません。

将来への不安

「子育てや家事で忙しく、思ったようにスキルアップできないと、将来この仕事を続けていけるのかと不安を感じてしまいます。子どもの成長や自分のキャリアアップを考えると、先行きが不透明になりモヤモヤするのかもしれません」(40代/5歳児と9歳児のママ)

 

将来の自分の姿が見通せないために不安を感じることもあるようです。ママのなかからは、子育て中は残業や出張などが思うようにできず、周りの仲間がどんどん先に行ってしまうような気がするためにモヤモヤするのではないかという声も聞かれました。

働くママがモヤモヤを解消するための工夫

働くママたちは、モヤモヤを解消するためにどのような工夫をしているのでしょう。

家事や育児を分担

iStock.com/monzenmachi

「夫婦でフルタイム勤務をしているので、家事や育児も公平になるように分担しています。どちらかが残業になるときは、早く帰宅した方が夕食の準備を進めるというように柔軟に対応するため、仕事や家事でモヤモヤすることが少ないです」(30代/5歳児と7歳児のママ)

 

仕事と家庭を無理なく両立するためには、夫婦で家事や育児を分担することも大切かもしれません。自分が片付けや翌日の保育園の準備をしている間に、パパが子どもの寝かしつけをしているので、家庭生活がスムーズに進んでいるというママの声もありました。

スケジュール調整

「自分の時間が持てないときにストレスを感じやすいので、1日のスケジュールを見直して時間を生み出す工夫をしました。就寝前に翌朝の食事の準備をしておくと、朝の時間を趣味などに利用できます」(40代/6歳児と9歳児のママ)

 

モヤモヤを解消するための工夫として、スケジュールを調整するのもよさそうです。パパと相談して休日のスケジュールを調整し合うと、より多く自分の時間を作りやすいかもしれません。

サポートサービスの利用

「我が家では家事代行サービスを定期的に利用して、家事の負担を減らす工夫をしています。週に1日家族でゆっくり過ごすことで、日頃のストレスが解消できると思いました」(30代/3歳児のママ)

 

「仕事と家事でモヤモヤしたときはベビーシッターサービスに子どもを預けて、リフレッシュするための時間を作っています。買い物や友人とのおしゃべりを楽しんだ後は、気分がすっきりしました」(30代/4歳児と8歳児のママ)

 

家事や育児のサポートサービスを利用して、モヤモヤの解消をしているママたちがいました。自由な時間を作ったり疲れを取ったりしたいときには、家庭に合うサービスを選んで活用するとよいかもしれません。

モヤモヤを感じたときの対応の仕方を工夫しよう

iStock.com/nensuria

働くママのなかには、仕事や家事育児で疲れてモヤモヤしたときに、家事の分担やスケジュール調整といった工夫をしている方もいるようです。ストレスを溜めないためには、1人で過ごす時間を作るのもよいかもしれません。モヤモヤを感じたときには、家事や子育てのサポートサービスの利用も考えるなど、自分に合った工夫ができるとよいですね。

「キズナシッター」を働くママのモヤモヤ解消のサポートに

仕事をしながら家事や子育てをしていると「忙しくてモヤモヤするので短時間でも子どもを預かって欲しい」「リフレッシュする時間を作りたいので、子どもの預け先を探したい」と考えるママもいるのではないでしょうか。働くママが自分の時間を作りたいときは「キズナシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターには、保育士や幼稚園教諭などの国家資格を所有する方がベビーシッターとして登録しています。保育の経験が豊富なプロ集団なので、安心して依頼できると好評を得ています。

 

専用のアプリを使って会員登録をすると、ベビーシッター検索やシッティングの依頼、利用料金の支払いまでを一括で行なうことができるので、働くママたちにも利用しやすいサービスといえるでしょう。リフレッシュするときの預け先としてキズナシッターの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら