子育て

ベビーシッターサービスに1歳児を預けたいとき。ママたちの準備品や感じたことなど

1歳児と暮らす家庭では、ベビーシッターサービスを利用して子どもを預かってもらいたいと感じるシーンもあるのではないでしょうか。今回は、ベビーシッターサービスを利用できるのはいつからかや1歳児を預かって欲しいと感じるとき、ベビーシッターサービスの選び方と預けるときに準備したものなどを体験談を交えてご紹介します。

ベビーシッターサービスを利用できるのはいつから?

1歳児と生活をするママやパパのなかには、さまざまなシーンでベビーシッターサービスを利用してみたいと考える方もいるようです。ベビーシッターサービスを利用したことがない場合、ベビーシッターサービスはいつから利用できるのか知りたいというママやパパもいるかもしれません。ベビーシッターサービスをいつから利用できるかは、会社によって対象となる月齢や年齢が違ってくるそうですが、0歳からを対象としている会社もあるようです。ママやパパたちに候補となるベビーシッター会社がある場合は、対象月齢や年齢を事前に確認するとよいかもしれません。

1歳児をベビーシッターに預かって欲しいとき

子育て中のママやパパたちが子どもを預かってもらいたいと感じるのは、どのようなシーンなのでしょうか。ママやパパたちに、どのようなときに1歳児をベビーシッターに預かって欲しいと感じるのかを聞いてみました。

用事がある

「私は子どもが1歳の頃から自営業の仕事を始めました。保育園に入園するか迷いましたが、仕事がない日は子どもと過ごす時間も大切にしたかったので、仕事をする日だけベビーシッターサービスに依頼しています」(20代/2歳児のママ)

 

「子どもの生活リズムに合わせて暮らしていると、市役所や銀行などに行く用事があってもお世話やお昼寝などをしている間に行きそびれてしまうことがありました。ベビーシッターの方に子どもを預けて1人で行動できると、溜まった用事をスムーズに済ませられそうだと感じます」(30代/1歳児のママ)

 

仕事や家庭の用事があるとき、ベビーシッターの方に子どもを預かって欲しいと感じることがあるようです。他にも、自分の体調が優れないときや定期健診などで病院に行くときは、待ち時間が長くなって子どもが疲れてしまうかもしれないと考え、ベビーシッターサービスを利用したいと考えるというママもの声もありました。

リフレッシュしたい

nd3000 – stock.adobe.com

 

「初めての子育てに疲れを感じたとき、1人でゆっくりと過ごす時間を作りたいと思いました。今まで子どもを預けたことがなかったので誰かに預けることに対して心配もありましたが、ベビーシッターの方なら子どものお世話や遊びに慣れていると考え、依頼することを決めました」(40代/1歳児のママ)

 

子育て疲れを感じたというママのなかには、普段から保育の仕事をしているベビーシッターの方に子どもを預かってもらいたいと感じる方もいるようです。他にも、普段は子どもを中心とした生活を送っているので夫婦の結婚記念日は2人で食事をしたいと考えたときに、ベビーシッターサービスの利用を検討したというパパの声もありました。

ベビーシッターサービスの選び方

初めてベビーシッターサービスを利用するとき、どのようなことをポイントとして選ぶとよいのか知りたいママやパパもいるようです。ママやパパたちに聞いた、ベビーシッターサービスの選び方をご紹介します。

料金

「ベビーシッターサービスの料金の相場が分からなかったので、インターネットで検索していろいろな会社の利用料金を確認しました。料金形態が分かりやすく掲載されていると、選ぶときの目安にしやすかったです」(40代/1歳児のパパ)

 

利用料金をポイントにしてベビーシッターサービスを選んだ家庭があるようです。ママのなかからは、ベビーシッターサービスの利用料金が多少高めでも、質のよいシッティングをしてもらえそうだと感じた会社を探したという声も聞かれました。

時間

「ベビーシッター会社を選ぶときは、シッティング可能な時間帯をポイントにしました。冠婚葬祭で遠方に行くときに利用したかったので、出発時刻に余裕をもちたいことから早朝から預かってもらえる会社を探しました」(30代/1歳児のママ)

 

ベビーシッター会社によって利用可能な時間帯はそれぞれ違いがあるようです。シッティングを希望する時間帯に対応しているかを確認して会社を選ぶと、実際に依頼するときにスムーズなやり取りができるるかもしれません。

内容

「初めてベビーシッターサービスを利用するとき、シッティングの内容を具体的に確認しました。子どもに食事を食べさせてもらえるかやどのような遊びをしてもらえるかなど、どこまでサポートをしてもらえるかを意識して会社を選びました」(20代/1歳児のパパ)

 

シッティングの内容を意識してベビーシッター会社を選んだパパもいるようです。他にも、ホームページに掲載されている内容を確認し、ベビーシッター会社が大切にしていることに自分が共感しやすいかをポイントにしたというママの声もありました。

1歳児を預けるときに準備したもの

実際に、ママやパパたちが1歳児をベビーシッターの方に預けるときに準備したものをご紹介します。

お世話グッズ

New Africa – stock.adobe.com

 

「普段から使っているオムツやおしりふきなど、お世話に必要なものを用意しました。着替えやタオルなども一箇所にまとめておくと、ベビーシッターの方にも分かりやすかったと声をかけてもらえたことを覚えています」(30代/1歳児のママ)

 

子どものお世話グッズをひとまとめにしておくと、ベビーシッターの方が使うときにもどこに何があるか分かりやすいようです。他にも、気分転換にお散歩に行くこともあるかもしれないと考え、外出用の帽子や上着も用意したというママの声もありました。

食事やおやつ

「昼食の時間をまたぐときは、離乳食完了期の息子のために食事を用意しておきました。両親の留守中も楽しく過ごせるように息子の好物を用意すると、喜んで食べて午後もご機嫌だったそうです」(40代/1歳児のママ)

 

子どもの好きなメニューを用意しておくと、ママやパパの不在時も楽しく食事がしやすいかもしれません。1歳から1歳6カ月までは完了期用の離乳食を、1歳6カ月以降は幼児食を用意する他に、シッティングの時間帯にあわせた量のおやつも用意したというパパの声もありました。

お気に入りのグッズ

「子どもが気に入っているおもちゃを用意したとき、ベビーシッターの方にも一言伝えておきました。シッティング終了後にベビーシッターの方から『ぐずったときにお気に入りのおもちゃで気を引くと、すぐに笑顔になりましたよ』という様子も教えてもらえました」(30代/2歳児のママ)

 

子どもにお気に入りのおもちゃがある場合、すぐに取り出しやすい場所に用意しておくのもよさそうです。パパのなかからは、絵本やブランケットなど子どもが大切にしているグッズを用意し、シッティング当日に備えたという声も聞かれました。

1歳児をベビーシッターに預けて感じたこと

実際に、1歳児をベビーシッターの方に預けて感じたことをママやパパたちに聞いてみました。

用事がスムーズに済んだ

「うちの子は歩けるようになると進行報告を気にせずに興味のある方向へ移動したがるので、目的地に移動することが大変でした。子どもを預けて大人だけで行動すると、短時間でに買い物や用事を済まられたので助かりました」(40代/2歳児のママ)

 

子どもを預かってもらったことで、普段よりもスムーズに用事が終わることがあるようです。ママのなかからは、思っていたよりも早く用事が終わったので、普段は通り過ぎるだけだったお店に寄って買い物もできたことが嬉しかったという声も聞かれました。

気分転換になった

「産後は24時間子どもといっしょに生活していたので、ベビーシッターサービスを利用することで久しぶりに自分1人の時間を過ごせました。娘もベビーシッターの方と遊んだことが楽しかったようなので、また利用したいと思います」(30代/1歳児のママ)

 

ベビーシッターサービスを利用して1人の時間を作ることで、ママのリフレッシュにつながることがあるようです。1歳児との生活では、ときどき育児疲れを感じることもあるのではないでしょうか。ママやパパが気分転換をするための手段のひとつとして、ベビーシッターサービスを利用するのもよいかもしれません。

安心感がうまれた

「夫の転勤で慣れない土地に移り住み、知り合いもいないので夫婦ふたりきりで子育てをしてきました。ベビーシッターサービスを利用したことで、これからはいざというときの預け先があると思えると安心できます」(20代/1歳児のママ)

 

子育てのサポートをするパートナーがいると思うと、安心できるというママの声もありました。他にも、入園を控えている子どもが両親以外の大人と楽しく過ごせたので、これからの生活を考えると安心できたというパパの声もありました。

いつからシッティング可能かはベビーシッター会社に確認を

iStock.com/Yagi-Studio

 

1歳児の子どもがいる家庭では、いつからベビーシッターサービスを利用できるのか気になることもあるようです。0歳からを利用対象としているベビーシッター会社もあるそうですが、会社によってそれぞれ違いがあるようなので、事前に確認してから利用申請をするとよいかもしれません。ベビーシッターの方に1歳児を預けるときに、お世話グッズや子どものお気に入りのアイテムを用意するなど準備したママもいました。仕事や家庭の用事を済ませたいときや気分転換をしたいときは、上手にベビーシッターサービスを利用できるとよいですね。

1歳児のシッティングも「キズナシッター」におまかせ

子育て中のママやパパのなかには「1歳になったばかりの子どもを預かって欲しい」「ベビーシッターの方に手助けしてもらいたい」というように、子育てをサポートしてもらいたい家庭も少なくないようです。1歳児を預かってほしいときは「キズナシッター」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、0歳の赤ちゃんから12歳の子どもが対象のベビーシッターサービスです。保育士や幼稚園教諭などの国家資格を所有したベビーシッターによる丁寧なシッティングが好評で、1歳児と暮らす家庭のリピーターも増えています。

 

専用のアプリを活用し、会員登録からシッティング依頼、利用料金の支払いまでを一括で行えるのも忙しいママやパパにとって使いやすいといえるでしょう。1歳児の預け先としてベビーシッターサービスを利用するときは、保育のプロ集団であるキズナシッターを検討してみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら