子育て

共働き家庭の子ども2人の子育て。1日の流れや子どもとの関わり方

共働き家庭では、子ども2人の子育てに奮闘している方もいるのではないでしょうか。子どもが2人になることで、1日のタイムスケジュールについて考えたり、年齢が違う子どもの関わり方に悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、体験談を交えて働き方に応じたタイムスケジュールや、子ども2人との関わり方や育児の悩みについて紹介します。

共働き家庭のタイムスケジュール

共働きで子ども2人を育てるなかで、1日のタイムスケジュールをどのように工夫すればよいのか悩みを抱えている方もいるようです。夫婦ともにフルタイムの家庭と妻が時短勤務、夫がフルタイム勤務の家庭に平日のタイムスケジュールを聞いてみました。

夫婦ともにフルタイム勤務

5:30 起床 身支度や洗濯物たたみ
6:00 パパ起床、朝食の準備
6:30 子ども起床。保育園の準備
7:00 朝食の片づけ、夫出勤、子どもの身支度
7:30 登園→通勤
8:30 出勤・就業スタート
17:00 退勤→帰路
18:00 子どものお迎え
18:30 夕食の準備
19:00 夕食 パパ帰宅
20:00 お風呂 洗濯スタート
21:00 子ども就寝
22:00 洗濯物の乾燥を行う

 

「我が家は、1歳半と3歳の子どもを育てながらフルタイムで勤務しています。子ども1人を育てていたときと変わったことは、食洗機や洗濯乾燥機を活用していることです。家事にかかる負担が減ったことと、夫婦で協力することで日々仕事と育児を両立できているように感じます」(30代/子ども1歳と3歳)

 

保育園に2人の子どもを預け、夫婦でフルタイム勤務をしている方のタイムスケジュールです。食洗機や洗濯乾燥機など家事の負担を減らすことができる家電を活用することで、大幅な時間短縮につながったようです。また、夫婦で協力し合えるところは、お互いに補う形を取っているようです。1日の流れが決まったことで、お互いに家事や子どもの対応など手が空いている方がどちらかを行うという役割分担ができるようになったという声も聞かれました。

妻時短勤務、夫フルタイム勤務

iStock.com/alvarez

 

5:00 起床 身支度や朝食・夕食準備
6:00 パパ起床、保育園の準備、洗濯
6:20 子ども起床。着替えや朝食を食べさせる
7:00 朝食の片づけ、洗濯物を干す
7:30 パパ出勤、子ども身支度
8:30 登園→通勤
9:00 出勤・就業スタート
16:00 退勤→帰路
17:30 夕食準備
18:00 夕食
19:30 お風呂
20:00 絵本の読み聞かせ 下の子の授乳 パパ帰宅
21:00 子ども就寝

 

「私は、9:00から16:00の時短勤務を行っていますが、主人はフルタイムで勤務しており、帰りは子どもが寝る前が多いです。朝は、子どもの着替えやご飯の援助はパパの担当となっており、私はその間に家事をまとめて行っています。なるべく早く起き、夕食の準備までしておくことが帰宅後スムーズに家事ができるポイントに感じています」(40代/子ども10カ月と4歳)

 

時短勤務のママのタイムスケジュールです。パパの帰りが遅いこともあり、朝は早めに起きて洗濯や夕食の準備など、家事をまとめて行っているようです。上の子が4歳になり、自分のことは自分でできるようになったり、下の子の遊び相手になってくれたりすることで、家事に集中できると感じる日もあるとのことでした。

子ども2人との関わり方

子ども2人になることで、上の子との関わり・下の子との関わりにそれぞれ悩みを抱えている方もいるようです。年齢差を踏まえながら、日頃どのように上の子と下の子に関わっているか働くママやパパに聞いてみました。

上の子との関わり

iStock.com/hkeita

 

「下の子が生まれたことで甘えることが増えたので、休みの日は上の子との関わる時間を増やしています。子ども1人の子育てを経験していることで、子どもが2人になったほうがパパも育児に協力的になったように感じます」(30代/1歳と4歳のママ)

 

「下の子が生まれ、上の子にどうしても我慢させてしまう機会が多いので、上の子が話しをしたがっているときはきちんと聞いてあげるようにしています。結論を急いだり、聞き流すことがないよう気をつけています」(40代/2歳と6歳のパパ)

 

上の子との関わり方で意識していることに、上の子の年齢に応じた関わり方が見られました。下の子が生まれると、どうしても下の子のお世話に追われてしまうことが多いですが、年齢に応じてスキンシップの時間を増やしたり、きちんと話を聞く時間を設けたりするなど、上の子の気持ちが満たされるような対応をしているようでした。

下の子との関わり

「下の子は、上の子と同じことをしたがりトラブルになることが多いです。できるだけ小さいからと押し付けることがないよう、レベルを下げて同じことを楽しめるよう工夫しています」(30代/5歳と小学生のママ)

 

「上の子の習い事や行事など、下の子を振り回してしまうことがあり反省しています。夫婦で対応できるときには、なるべく協力し、下の子の生活リズムなど気をつけるようにしています」(30代/10カ月と5歳のママ)

 

子ども2人の子育てをする家庭のなかには、下の子の対応で悩む場合もあるようです。下の子は成長するにつれて、なんでも上の子といっしょがよいと主張をしたり、上の子の予定に付き合わせてしまったりと、悩みの内容もそれぞれでした。下の子の成長に応じて、きょうだいで過ごせる時間が増え、悩みが解消されていったと感じる方もいました。

子ども2人の育児の悩み

共働き家庭では、子ども2人ならではの悩みを抱えている場合もあるようです。悩みの内容と対応方法について聞いてみました。

体調不良になったときの対応

「子どもが1人、体調を崩したり感染症にかかったりすると連鎖反応のように2人とも順番に体調を崩します。仕事を長期間休むことができず対応に悩むことが多いです。我が家では、近くに住む両親に依頼しなんとか乗り切っています」(20代/1歳と3歳のママ)

 

子ども2人の子育てをしている共働き家庭にとって、体調不良になったときの対応は多く方が悩んでいるようです。祖父母に協力を依頼したり在宅勤務を行ったりと、さまざまな対応を事前に検討している方も多くいました。

ゆっくり遊ぶ時間が取れない

「働いていると、どうしても子どもとゆっくり遊ぶ時間が取れないことが悩みです。私は、お惣菜を購入したり宅配サービスを活用したりして、家事にかける時間をなるべく減らし子どもと過ごす時間も確保するようにしています」(30代/2歳と5歳のママ)

 

共働き家庭では、子どもの対応や家事に追われ、ゆっくり遊ぶ時間が取れないことに悩みを抱えている方もいました。ママのなかには、子どもの寝る時間が遅くなることを懸念している方もいましたが、イライラして寝かしつけをするよりも、少し遅くなっても寝る前に子どもとのスキンシップの時間を作ることを大切にしているという声も聞かれました。

自分の時間が取れない

「共働きで子ども2人を育てていますが、毎日時間に追われていて自分の時間が取れないことが悩みです。仕事の休憩時間に、同僚と仕事やプライベートのことを話す時間が唯一の気晴らしの時間になっているかもしれません」(40代/3歳と小学生のママ)

 

仕事や家事、育児に追われることで、自分の自由な時間が取れないことに悩みを抱えている方もいました。家庭では、どうしても子ども優先で時間が動いてしまうため、仕事の休憩時間を息抜きの時間に活用している方もいました。また、僅かな時間でも楽しみを見つけ、好きなお茶を飲んだりお菓子を食べたりと、忙しい日常のなかに息抜きを取り入れている方もいました。

子ども2人の育児は夫婦で協力体制を

iStock.com/kohei_hara

 

子ども2人の育児について、体験談を交えて働き方に応じた1日の流れや、子ども2人との関わり方や育児の悩みについて紹介しました。子どもが2人になることで、大きく変化があるときは、下の子が生まれたときと子どもたちの生活環境がそれぞれ変わったときのようです。育児は、夫婦で協力体制を作っていくことが一つの鍵になってくるかもしれません。働き方などで難しい場合には、どちらか一方が役割を背負うのではなく、周囲のサポートを活用していくのも大切かもしれませんね。

子育てのサポートが欲しいときには「キズナシッター」の活用

2人目が生まれると、下の子のお世話とともにママの休息期間、成長するにつれて出てくるのは上の子の学校の行事への参加など、夫婦だけで対応するには難しい場面も出てくるかもしれません。そのようなときには、登録しているベビーシッターが全員、保育士や幼稚園教諭など子どもに関わる資格を所有しているベビーシッターサービス「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、0歳から12歳の子どもに対応しているため、各家庭における子育てのサポートしてもらいたい内容に合わせて、対応してもらうことが可能でしょう。ベビーシッターの選択は、利用者自身が行うことができ、希望する条件に合わせて見つけることができるできます。シッティング前には、選んだベビーシッターと事前面談が行われるため、シッティングについての要望や悩みなどを伝えるなかで、保育のプロがよりよいシッティング内容をいっしょに考えていってくれるでしょう。

 

キズナシッターは、専用のアプリを活用して、会員登録からベビーシッターの選択、利用料金の支払いまでを一括して行うことができます。ベビーシッターへの小さな質問についてもアプリを使い確認することもできるため、共働き家庭においても利用しやすいと好評です。

 

子どもが2人になり、仕事や育児の両立に悩むことがあったときには、気軽に「キズナシッター」に会員登録をし、サービス内容の詳細や登録しているベビーシッターの確認など行ってみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら