保育・保活

共働き家庭にとっての夏休みの子どもの預け先。働き方や過ごし方の工夫。

共働きで子育てしている家庭にとって、悩みの一つが「夏休みの子どもの預け先」ではないでしょうか。夏休みは長期間となり、預け先の確保に不安を感じてる方もいるようです。預け先の他にも、働き方や過ごし方に悩みを抱えている場合もあるかもしれません。そこで今回は、夏休みの預け先の選択肢、働き方や夏休みの過ごし方の工夫について体験談を交えて紹介します。

共働き家庭にとっての子どもの夏休み

共働き家庭にとって、保育園に子どもを通わせていた場合には、夏休みという長期の休みがなかったという家庭も多いかもしれません。一方で小学生になると、1カ月近い夏休みがあり、共働きで子育てしている家庭にとっては、子どもの預け先や宿題の対応、昼食の準備など、さまざまな悩みが生じることがあるようです。体験談を交えて、夏休みの預け先の選択肢、働き方や夏休みの過ごし方の工夫についていっしょに見ていきましよう。

夏休み中の子どもの預け先

共働きで子育てしている家庭では、夏休み中の子どもの預け先をどのようにしているか気になる方も多いようです。共働き家庭に、夏休みの子どもの預け先について、どこにどのような理由で預けていたか聞いてみました。

学童保育の利用

「普段利用している学童保育を、夏休み中も利用しています。仲良くしている友だちも多く利用しているので、子どもにとっては楽しく過ごしているようです」(30代/小学1年生のママ)

 

夏休みの預け先として、普段利用している学童保育を利用しているという声が多く聞かれました。一方で子どもによっては、毎日同じ学童保育では飽きて行きたがらなくなってしまうこともあり、民間の学童保育も併用しているという方もいました。

祖父母に依頼

「我が家の場合は、夏休みの1週間ほど遠方の祖父母に泊まりで依頼しています。一人で宿泊させることに、最初は抵抗がありましたが、本人も一度経験すると自信がついたのか、喜んでいくようになりました。親のいないところで、色んな経験をしてくるので成長を感じます」(40代/小学3年生のパパ)

 

夏休みの長期間を活用して、祖父母に泊まりで依頼する家庭も多いようです。祖父母に協力してもらい、移動は最低限にするなど、子どもに負担がかからないように考慮しているという声も聞かれました。祖父母との生活は日常生活とは異なり、少し緊張感を持って生活したり、虫取りや野菜の収穫など夏ならではの経験をして過ごしたりと、いろんな経験ができるきっかけとして捉えている家庭もありました。

サマーキャンプの活用

iStock.com/Cleardesign1

 

「小学生になってから、夏休みはサマーキャンプに申し込みをしています。サマーキャンプの準備は大変ですが、夏ならではの経験ができるため子どもも毎年楽しみにしています」(30代/小学2年生のママ)

 

夏休みの期間を利用して、子どもだけで行くサマーキャンプを活用している共働き家庭もあるようです。サマーキャンプは、普段体験できないような大自然のなかで過ごすことができ、子どもの経験の幅が広がる機会になっていると感じている方もいました。

一人で留守番

「我が子は学童保育が苦手なようで、日中は一人で留守番をしています。昼食の準備はしておき、なるべく早く帰宅するようにしています」(40代/小学3年生のママ)

 

子どもによっては、学童保育に行くことを嫌がる場合もあるようです。子どもだけで留守番をさせる場合には、子どもと約束事を確認したり、安全面の配慮をきちんとして対応しているという声が多く聞かれました。

夏休み期間の働き方の工夫

 

夏休みは長期間になるため、仕事と家庭の両立を考え働き方を検討する方もいるようです。共働き家庭では、働き方をどのように工夫しているのか聞いてみました。

夫婦で休みを交代で取る

「子どもには、学童だけを利用させているのもかわいそうに感じるので、夫婦で休みを交代で取るようにしています。子どもとプールに行ったり大きな図書館に出かけたりと、ちょっと特別な日常でも喜んでくれています」(30代/小学2年生のママ)

 

子どもが夏休みの間は、夫婦で休みを交代に取り対応している家庭もあるようです。休みを交代で取ることで、夫婦でどこに連れていけばよいか、お昼はどうするのかなど、子育てについて話す時間が増えたと感じている方もいました。

勤務時間の調整

「夏休みの間は学童が9時から始まるので、それに合わせて勤務時間を調整しています。まだ、一人で鍵を持たせることに抵抗を感じるので、子どもといっしょに出かけるようにしています」(40代/小学1年生のママ)

 

長期休みは学童保育の利用時間が異なるため、子どもが一人になる時間を作らないように勤務時間を調整して対応している方もいるようです。また、残業を入れないようにしたり、普段より勤務時間を短くしたりするなど、子どもの状況によって対応しているという声も聞かれました。

在宅勤務の申請

「長期休みは、在宅勤務の申請を出しています。私が担当している業務は、在宅申請を行うことができるため、週に1回出勤すればよい形となり、子育てがしやすい環境で助かっています」(30代/小学1年生のママ)

 

在宅勤務の申請を行うことで、子どもの長期休みに対応できる場合もあるかもしれません。自宅での勤務は、子どもと過ごしながら仕事ができたり勤務時間を自分で調整しながら対応できたりと、子育てと仕事の両立がしやすいとの声も聞かれました。

夏休みの過ごし方の工夫

iStock.com/gyro

 

共働きで子育てしている家庭では、夏休みについて事前に家族で話し合いをしている場合もあるようです。夏休みの過ごし方の工夫について聞いてみました。

子どもと過ごし方を考える

「夏休みの過ごし方については、事前に子どもと話をしました。1日どのように過ごすのかタイムスケジュールを確認するとともに、近所の川辺でバーベキューをするなど、小さな目的をいっしょに考えることで、特別感が出て楽しかったようです」(30代/小学2年生のママ)

 

子どもとどのように過ごすのか話し合う時間を作ることで「宿題はいつまでに終わらせる?」「ここはみんな休みだから何をして過ごす?」など具体的な計画を立てられたと答える方もいました。事前に親子で話し合うことで、充実した夏休みを過ごせられる場合もあるかもしれません。

家族で夏休み旅行の計画を考える

「普段は、夫婦で家族旅行の計画を立てることが多いのですが、夏休みは時間があるので、家族全員で夏休みの計画を考えました。行きたい場所をみんなで決めると、子どもが積極的にガイドブックを広げて、旅行当日までいろんな計画を考えてくれていたので、2泊3日の旅行でしたがとても充実しました」(40代/小学1年と4年生のパパ)

 

長期休みは、家族旅行を計画する方も多いかもしれません。そのなかで、目的地を決めたり過ごし方を決めたりと、準備の段階から子どもが参加することで、旅行が思い出深いものに変わる場合もあるようです。

預かりサービスの活用

「学童保育の他に、子どもの預かりサービスを活用しています。ベビーシッターは、マンツーマンの関わりなので、子どものやりたいことを尊重してくれ、工作をいっしょにやったり、自由研究に取り組んだりと、意欲を持って宿題に取り組むきっかけを作ってくれました」(40代/小学3年生のママ)

 

夏休みの子どもの預け先の対応として、預かりサービスを活用している方もいるようです。子どもの預かりサービスは、マンツーマンの対応になるため、個別にやりたいことに集中して取り組めるというメリットもあるようです。

夏休みの子どもの預け先は早めに検討しよう

iStock.com/OkinawaPottery

 

夏休みの預け先の選択肢とともに、働き方や夏休みの過ごし方の工夫について体験談を交えて紹介しました。夏休みは、長期間になるため、共働き家庭では複数の預け先を組み合わせて対応している方も多いようです。予約が必要な場合もあるため、夏休みの子どもの預け先は早めに検討しておくと安心かもしれません。また、せっかくの長期休みなので、家族みんなで夏休みについて話す時間を作ってもよいかもしれませんね。

預け先に悩んだときには保育のプロに依頼「キズナシッター」の活用

子育て家庭が「預け先が見つからない」「少し違った経験をさせてあげたい」など、子どもの預け先に悩んだときには、保育のプロに子どもを依頼できるベビーシッターサービス「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士や幼稚園教諭、教師など子どもに関わる資格を所有しています。そのため、専門知識をしっかり身につけ、保育現場での経験から、子どもの思いに寄り添った丁寧な保育を実現していきます。

 

担当するベビーシッターについては、希望条件に応じて検索することができる他、無料のカスタマーサポートを活用して、希望にあったベビーシッターを選んでもらうことも可能です。シッティング依頼を行う場合には、必ず依頼したベビーシッターと事前面談が行われるため、子どもとの相性を確認することもできるでしょう。

 

子どもにとっては、さまざまな引き出しを持っているベビーシッターは魅力的な存在になるでしょう。子どもの「やりたい」に、全力でサポートしてくれる「キズナシッター」を、夏休みの預け先として活用してみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら