子育て

育児を楽にしたり、両立するためのコツ。ママたちの息抜き方法の工夫

子どもが生まれると、育児や家事の両立に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。子育ては思い通りにいかないことも多く「育児のコツを知りたい」「ときには息抜きがしたい」などの気持ちを抱えている方もいるようです。そこで今回は、育児を楽にする方法や仕事との両立のコツ、育児中の息抜きの方法の工夫など体験談を交えながら紹介していきます。

育児に対する悩みとは

子どもが生まれると家事や育児に「こうしなくては」「こんなことをしてはだめだ」など、理想の子育てを行うために、完璧さを求めてしまうことが多いかもしれません。しかし、すべてを完璧に行うことはとても難しいことです。思い通りにいかない育児や家事、ときには仕事に悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。悩んでいるのは一人だけではなく、みんなさまざまなことに悩みを抱えながら育児をしているようです。今回紹介する体験談を交えた「育児のコツ」を知るなかで、少しでも生活のヒントを見つけ、家庭で生かしてみてはいかがでしょうか。

育児を楽にするコツ

子育てを楽にするには、どのような工夫をしていくとよいのでしょうか。どのようなことに取り組んでいるか、育児を楽にするコツについて聞いてみました。

家事の優先順位を決める

「家事の優先順位を決めて取り組むようにしています。以前は、たくさんのタスクで頭がいっぱいでしたが、優先順位を決めることで『これさえ行えば大丈夫』と思えるようになり、気持ちが楽になりました」(40代/4歳と小学生のママ)

 

家事を進めていく上で、家事の優先順位を決めることで、育児が楽にできるようになったと感じている方もいるようです。子どもがいると、どうしても家事がうまく進まないと感じていた方は、子どもが寝ている時間を有効に使い最低限の家事を行うようにしているという声も聞かれました。

子どもとの接し方を工夫する

Inna Vlasova/Shutterstock.com

 

「子育てに悩みを抱えていましたが、子どもとの接し方を工夫することで、育児が楽になったように感じます。以前は、怒ってしまうことも多かったのですが『〇〇するためにはどうすればよいかな?』と子どもに問いかけるようにしたことで、子どもが考えて答えを出すようになりました」(30代/3歳のママ)

 

思い通りに行かない育児のなかで、子どもへの接し方に悩む方も多いようです。一方的に、親が怒ってばかりいることに悩みを抱えていた方のなかには、子ども自身に尋ねることで、親自身が冷静になることができ、いっしょに解決への糸口を見つけられるようになったと感じている方もいました。

家族と協力する

「私は、家族と協力するようにしています。以前は協力的ではなかった夫も、やり方を伝えたり便利な家電を取り入れたりすることで、積極的に行ってくれるようになりました。協力体制ができたことで『一人ではないんだ』と思えるようになりました」(20代/2歳のママ)

 

育児を楽にすると考えたとき、家族と協力したという声が多く聞かれました。きちんと夫婦で話し合うことで、お互いが悩みを抱えていることがわかり、できる範囲で協力し合ったり、感謝の気持ちを持てるようになったという方がいました。

仕事と育児を両立するコツ

仕事をしている方にとっては、仕事と育児を両立することも大切なポイントになってくるのではないでしょうか。仕事と育児を両立するコツについて聞いてみました。

働き方を工夫する

iStock.com/alvarez

 

「子どもとの時間も大切にしたいと思い、時短勤務を選択しました。職場は、子育てに理解のある会社なので、余裕を持って仕事ができることに感謝の気持ちでいっぱいです」(20代/1歳のママ)

 

仕事と育児の両立を考え、働き方を工夫しているという声が多く聞かれました。業務の内容によっては、在宅勤務やフレックスタイム制を取り入れ、時間を有効に活用している方もいました。

一人ですべてを抱え込まない

「子どもは体調を崩すことが多く、一人でがんばろうと思っても限界を感じるようになりました。そのため、一人ですべてを抱え込まず、悩んだときには周囲に相談するようにしています。困り事を周囲に伝えることで、積極的なコミュニケーションが生まれ、チーム全体での協力体制ができるようになるました」(30代/2歳と4歳のママ)

 

一人ですべてを抱え込まないために、情報共有を意識しているという声が多く聞かれました。突然の欠勤や早退にも対応できるよう意識したことで、仕事内容の優先順位を考えたり、全体の進捗状況の把握ができるようになったという方もいました。

預かりサービスの活用

「お迎えに間に合わないときに、ベビーシッターを活用しています。突然の会議や残業のときにも対応してもらえるのでとても助かっています」(40代/5歳のパパ)

 

仕事と育児の両立には、夫婦が協力しても難しい場合があるかもしれません。そのようなときには、子どもの預かりサービスを活用することで対応している方もいるようです。利用している方のなかには、親が不在のときだけではなく、忙しい朝のサポートをしてもらっている方もいるようです。

育児中の息抜き方法の工夫

育児のなかで、ときにはリフレッシュしたいと感じているママやパパもいるかもしれません。しかし、時間の余裕が持てず悩みを抱えている方もいるようです。育児中の息抜き方法の工夫について聞いてみました。

がんばりすぎない

「育児も家事もがんばりすぎないようにしています。あれもこれもやろうと思うと時間に余裕がないので、家事には余白時間を作り、子どもと過ごしたりお茶をゆっくり飲む時間を作るよう心がけています」(40代/3歳と5歳のママ)

 

息抜きをするために、がんばりすぎないことを意識している方もいるようです。家事のなかではできなかったことを考えるよりも、できたことに目を向けるようにすることで「今日もよくできた」と自分を褒めるようにしているという方もいました。

小さなご褒美を作る

「私は、生活のなかで小さなご褒美を作るようにしています。子どもが寝た後に、好きなスイーツを食べる時間が息抜きの時間になっており『また明日もがんばろう』と気持ちをリフレッシュできています」(20代/2歳のママ)

 

育児のなかで、小さなご褒美を作り息抜きをしている方もいるようです。自分の好きなものを食べたり趣味のものを購入したりと、生活のなかで楽しみを作ることで、メリハリを保ちながら育児を楽しんでいる声も聞かれました。

一人の時間を作る

「子どもとの時間も大切ですが、一人の時間も作りたいと思い、ベビーシッターを利用することもあります。一人の時間を作ることで気持ちがリフレッシュし、新鮮な気持ちで子どもと関わることができているように感じます」(40代/3歳と小学生のママ)

 

便利な家電を利用したり宅配サービスや預かりサービスを活用したりすることで、まとまった時間を確保し、一人の時間を作っている方もいるようです。一人の時間は日頃を振り返る時間となり、気持ちを切り替えるきっかけとして活用している方もいるようです。

自分や家庭にあった育児のコツを見つけよう

iStock.com/Masaru123

 

育児や仕事のコツや育児中の息抜きの方法など体験談を交えながら紹介しました。育児は、うまくいかないことが多く、悩みを抱える場面も多いかもしれません。一人で悩みを抱え込むのではなく、ときには周囲の力を借りてみるのも一つの方法です。自分や家庭にあった「育児のコツ」を見つけていけるとよいかもしれませんね。

リフレッシュ時間の確保に「キズナシッター」の活用

ママやパパにもリフレッシュ時間は大切です。しかし、仕事や家事・育児に追われる日々で、なかなかゆっくり時間を確保することが難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。そのようなときは、保育のプロに子どもを預けることができるベビーシッターサービス「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士や幼稚園教諭など子どもに関わる資格を全員が所有しています。そのため、専門知識をしっかり身につけ、経験豊富な方が多いです。

 

キズナシッターは、専用アプリを利用して利用者自身がベビーシッターを選ぶことができます。初めて依頼するベビーシッターとは、必ず事前面談を行うため、初めての利用であっても事前にベビーシッターの人柄を感じることができるでしょう。また、疑問に思ったことは専用アプリを通してやり取りをすることもできるため、安心感が持てるでしょう。

 

気軽に家庭の子育てを支えてくれる存在を見つけるような気持ちで、会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら